Twitter→WordPress連携をやめた話。

Twitterっていつ凍結されるか分からないので、
アーカイブは残しておきたいなと思ってて、
色んな手を使ってTwitterの投稿をWordpress(自分のサーバー)に転送してたんだけど、
色々考えてやめたっていう話。

大きな理由はよく考えたらTwitterにはクソみたいな事しか書いてないってのと、
それに安心して日記を書かなくなったって理由。
あと、趣味用のサーバーはロリポップのレンタルサーバーなんだけど、
PHP.iniの最大容量が固定されてしまってるから、
大量のツイートデータが入ってるデータベースのバックアップファイルがアップロードできなくなってたんだよねww(500MB超えてた。。。)
なので、思い切ってTwitterデータを削除しました。

WordPressで書いた記事をTwitterに転送っていうプラグインは沢山あるんだけど、
TwitterのツイートをWordpressに転送するってあんまりなかったんだよね。

最初は確かmailClipとSocialっていうプラグインがすごく便利で、
ツイートを独自の投稿タイプでWordpressに投稿してくれるんだけど
これのすごいのは自分宛の@つきツイートをその投稿へのコメントとして投稿してくれるんだよね。
ツイッターの投稿データもすべて読み込んでくれるので、
出力コードをいじればTwitter公式の引用として出力することも可能だった。
このプラグインがずっと機能してればTwitter連携やめなかったんだけど、
確か去年の12月位にサービスが終了しちゃったんだよねー。

その時は超困って、結局IFTTTでレシピを作って運用してたんだけど、
友人からのメンションをコメントに入れる事ができなくてちょっと残念だった。
ちなみにレシピはこんな感じ。


If new tweet by @bunny_burrow including @replies, then create a post on your WordPress blog
Twitter側
Include @replies
Wordpress側
<blockquote class="twitter-tweet">
<p lang="ja" dir="ltr" xml:lang="ja">{{Text}} <a href="{{LinkToTweet}}">{{CreatedAt}}</a></p>
</blockquote>

If new mention of @bunny_burrow, then create a post on your WordPress blog
Wordpress側
<blockquote class="twitter-tweet">
<p lang="ja" dir="ltr" xml:lang="ja">{{Text}} <a href="{{LinkToTweet}}">{{CreatedAt}}</a><br>
from http://twitter.com/{{UserName}}</p>
</blockquote>

とりま、TwitterのJavaScriptを読み込んでblockquoteでツイートのURLを囲めばなんとか公式の埋め込みの形になるっぽいです。
でも、APIの使用回数制限に引っかかってしまうのか、
たまに落ちるのと、冒頭で言ったようにバックアップファイルがアップロードできなくなったのでもういいかなと。

…という訳で、もう少し日記を書く頻度を上げようと思います。
あとそろそろページのデザイン再開しないとなぁ。
コツコツやろうとは思っていた…1年くらい前から。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  • 沖宮のコスプレイヤーズアーカイブ
  • 沖宮のWorldCosplay(ワーコス)