acosta!の不手際に思う街おこしイベントの今後

はじめに、お話のテーマはこれ。
【アコスタ炎上】コスプレイベントでマナー違反多数!刀所持、血糊、動画撮影、公園使用申請漏れで警察沙汰

この日は行ってないので実際どうだったかは知らないです。
ただコスプレ系SNSにあるコメントとかツイートとかを読んで思う事は

許可とってないからどうのって事自体にフォーカスして運営批判してるレイヤーいるし、
イベント公式もそんな謝り方してるんだけど…

それが間違いとは言わないけど、コスプレイヤー側もacosta!(アコスタ)側、
どっち側に対しても「そういう気持ちをまずそこに向けるんだ?」って違和感はあります。

「気持ちを向ける方向」に違和感。

本当に迷惑したのは誰?

当日参加してなかったけど、アコスタ側もレイヤー側も含めて、
全体のマナーが悪かったって話だよね?

当日にマナー違反した人間やアコスタスタッフの特定が問題解決になると思えないし、
とりあえず俺がアソコに住んでる善良な一般市民だったらイベント運営とかレイヤーとか関係なく、まとめてひっくるめておこだと思うんだよね。

事務手続きのミス

アコスタさんもまずレイヤーじゃなくて街の人にごめんなさいすべきと思うし、
「使用申請漏れ」っていうのは火に注いだ油だったって話だよね。
(とんでもない油だったとは思うけど)

※公式サイトより、現在(イベントから一週間後)に書いてあるホームページの説明文。
確かに金づるになるお客様じゃないけど、街の人に一言あってもいいんじゃないかなって。
20160219

街おこしイベントをやる団体に求めるコンプライアンス

誰かを犠牲にすれば済むとは思わない。―acosta!(アコスタ)の運営体質に対する意見

コスプレ文化の牽引役として、こういうイベント主催団体さんには尊敬している。
自分ができる協力は惜しまないつもりだし個人的には実際参加費倍額位でいいんじゃん…て思うんだけどね。

ただ、acosta!(アコスタ)さんってみんなが恐らく知らないところで以前にも問題起こしてて、
最初「女装禁止」だったんだよね。
読んでる人はきっとあんまりイメージできないと思うけどこういうコスプレイベント業界って一部のスタジオやイベントで「女装禁止」って慣例があって、
それについては短くまとめたいので知りたい人はこの辺のまとめみて下さい。
acosta! の唐突な女装者入場不可通知問題のこれまで と 各方面の反応
※個人的な意見としてはこのまとめ方は気に入ってないけど、気持ちは分かるけど「不快感」ってキーワードは主観的でルールの根拠にするのはまた蟠りを産みそうな気がします。

例えばプリクラコーナーの男性のみお断りとか
コスト面・防犯面その他いろいろあってそういう規制を店舗が設けるのは分かるんだけど、
豊島区が共催しているイベントで、公園という公共の場所を使うイベントが、
こういうルールを設定したらいけないだろっていうのは普通わかるだろ…というか分かって欲しかった。

この時も、何があったか知らないけど、
一度“参加可能”と告知して当日参加した女装レイヤーを当日更衣室に閉じ込めた(※)んだよね。
※女装コスプレをしたままの状態で更衣室の外へ出る事を禁止したという事。

これ怒るの当たり前だろ…っていうか怒らないのかと思ったのかよとは問いたい。
コスプレという【文化】を牽引する団体としての社会的責任コンプライアンスうんぬんもそうなんだけど、
今回の件も含めてリスクマネジメントが下手くそっていうか、
本当に怒ってる人とか問題の本質を見抜く力が足りないなぁ…と思う。

acosta!(アコスタ)に今後期待すること

まぁ、それでも僕はコスプレという文化はアコスタさんを含め多くの企業が金になることに気付いちゃったし、レイヤー人口増えすぎたし、
同人界隈で言うところの「陰でコッソリ」はいいか悪いかという議論はおいておいて
もうできなくなると思っています。
先駆者の受難であると思うが、応援しているので文化の為に頑張って言ってほしいです。

おわり。